婦人科で処方されるモーニングアフターピルの避妊効果

モーニングアフターピルは、何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を避けるためにある薬です。
このモーニングアフターピルには、2種類あり、レボノルゲストレルを有効成分とする緊急避妊薬と、ホルモン濃度の高い経口避妊薬です。
どちらも緊急避妊ピルですから、着床成立前に避妊の目的で使用する薬です。着床し妊娠した状態から行う中絶とは全く目的が異なるので、注意が必要です。

このモーニングアフターピルの使い方は、性行為後、72時間以内にピルを1回のみ、その後12時間後にもう1回服用します。または経口避妊薬の場合には、ホルモン濃度を避妊が期待できるのと同じになるように72時間以内に1回、その12時間後に1回服用します。この経口避妊薬で行う場合には、含まれるホルモンとその含有量が違ってくるので、飲む個数が変わってくるので、きちんと婦人科の医師に相談して、判断を仰ぐようにしましょう。
また経口避妊薬よりも緊急避妊薬の方が、避妊効果は高くなりますが、100%ではありません。避妊効果が得られなかった場合や72時間以内に服用できなかった場合には、婦人科の医師に相談するようにしましょう。

どちらも排卵を抑える、あるいは排卵を遅らせることで妊娠を防ぐというものですが、つわりのような吐き気や生理痛のような腹痛などの副作用があります。また人工妊娠中絶薬ではないので、着床し妊娠が成立した後に服用しても効果はありません。

モーニングアフターピルは、婦人科で処方している避妊効果の高い薬です。
処方前には、詳細な問診が必要で、処方時の妊娠を否定する為に診察や検査をする場合もあります。
モーニングアフターピルは、性交後に妊娠を回避する為の最後の手段ですが、頻繁に使用するためのものではありません。そのため低用量ピルを使用するなど、日頃から計画して避妊することをおすすめします。