モーニングアフターピルを服用中止した後の生理について

モーニングアフターピルは、性行為の際に避妊に失敗したときや、避妊をせずに性行為を行ったが妊娠を望まないときに服用する緊急避妊薬です。性行為を行ってからモーニングアフターピルを服用する時間が短ければ短いほど、妊娠を回避できる確率が高くなります。モーニングアフターピルを服用後は、3~7日くらいで生理がきますが、個人差がありますので、服用してから2週間後など、予定通りの月経サイクルで生理がくることもあります。モーニングアフターピルは、避妊目的だけでなく、生理日を遅らせたり早めたりするためにも使用されます。生理がある期間は、どうしても気分が憂鬱になったり体がだるくなってしまいます。そんな時に、結婚式や海外旅行など特別なイベントが重なってしまえば、楽しみが半減してしまいます。そのため、イベントがある時期に生理がこないようにモーニングアフターピルを使用すれば、時期を調整することができます。早めたいときは、生理が始まってから3~5日目までにモーニングアフターピルを服用をはじめ、10日間服用を続けてから服用中止をします。そうすると服用中止してから3~4日で再び生理が始まります。遅らせる場合は、生理予定日の5日前からモーニングアフターピルの服用を開始し、イベントが終わる日の前日まで飲み続けて服用中止をするといいでしょう。服用中止をしてから3~4日で月経がはじまります。服用期間中は服用するのを忘れないようにしましょう。飲み忘れをした場合は、途中で出血してしまう可能性がありますから、定期的に時間を決めて飲むといいでしょう。調整後は、元の周期に戻ってきますから安心です。イベントのことを考えて、およそ1か月ほど前からモーニングアフターピルを服用する時期を予定を立てて考えておくといいでしょう。